目指せすっぴん美人 ニキビ撲滅プロジェクト

リアルタイムで経過を観察!一緒にすべすべ肌を手に入れましょう!

相澤皮フ科に再々来院してきました。

薬がなくなったので、再び相澤皮フ科へ行ってきました。

年末年始ギリギリになると混みそうなので、早めに…と思って行ってきましたが、そんなの関係なく相変わらずエレベーターホールにまで人で溢れていました。

 前回の反省をふまえ、受付時間ピッタリには到着したものの、すでに何十人も待っている人がいて、結局診察まで1時間弱待つことに。

 

この前は診察時間20秒という、文字通り秒速診療だったので今回はちゃんと会話しようと意気込んでいました。

 

私「すごく良くなってるんですけど、ここにポツっと新しいニキビが…」

先生「うん、大丈夫。まずは頬の赤みを治しているからね。順調なので問題ないです。次は1ヶ月後でいいよ。じゃあまた待合室で」

 

診察時間約35秒でした。

 

たしかに…たしかに順調なんだけどね…

今回もトータルの待ち時間だけで2時間半くらいかかりました。

 

 今回は薬の種類は前回と変わらず、漢方以外のお薬は1日置きで飲むようにと言われました。

だんだん飲む回数が減ってきているので、次に来院するときにはもう飲まなくなるのだろうか…なんて淡い期待をもちつつ。それまで頑張って飲み続けようと思います。

 

相澤皮フ科では診察とは別に薬の説明が行われます。診察を受ける人が多いため、先生はあくまで診察して、他のスタッフさんに処方薬を指示、また別のスペースで薬の使用方法や不明点などを聞くことができます。(この説明までさらに待合室で3、40分待ちます)そして、必ず最後に光を浴びて帰るのですが、この光についてそういえば記述したことがなかったので、調べてみました。

相澤皮フ科で診察等の最後に必ず3分間浴びるように指示されるこの光は、「バイオプトロン」と呼ばれる光のようです。

パイオプトロンとは、有害な紫外線を100%カットした可視光線と、タイタンという治療法と同じ近赤外線を再現した美容機器で、バイオプトロンの光と「水と酸素」のちからを融合させて細胞を修復することができるもの。特にニキビには即効性があるといわれているそうです。

光を浴びるだけなので、金属アレルギーで美顔器が使用できない人なども安全に使用することだできるということで、ホームトリートメント用に自宅で購入する方も多いそうです。(一番安いコンパクトタイプでも10万弱だそう)

通常エステやクリニックでこの光を浴びる場合はだいだい10分で1万前後かかるようですが、相澤皮フ科では毎回3分間浴びることができます、おそらく診察料金に多少含まれていることなのでしょう。

 

さて、こうしていつものバイオプトロンを浴びて、足りない薬を少し多めに購入。使い切ってしまった洗顔料も購入しようかと思いましたが、その日の会計がすでに1万5千円弱だったため躊躇して言い出せず。(笑)

帰り際やはりまとめて購入すべきだったかと後悔しながら、ネットで調べたらAmazonで取り扱いがありました。

HINアクネスラボ イソフラフォームM 140ml

HINアクネスラボ イソフラフォームM 140ml

 

 病院でしか購入できないと思い込んでいたので、ちょっと安心!お財布と相談しながら、様子をみて購入しようと思います。渋谷スキンクリニックで購入していた化粧水もそろそろなくなりそうなのですが、通ってもいないのに化粧水だけ購入しに来院する勇気がちょっとないので、これを機に化粧水もHINアクネスラボに切り替えてみようかと思考中。

HINアクネスラボ プレミアムローション 100ml

HINアクネスラボ プレミアムローション 100ml

 

 使用している人のレビューをみると、肌にみるみる浸透していくのが実感できると書いてあったので、ちょっと使ってみたいのです。量のわりに値段はそこそこ高いので、もうちょっと悩みますが、化粧水が底を尽きる前に決めないと。購入したら、使用した感じをまた記事にできたらなあと思います。

 

年末年始、バタバタしてつい生活リズムが乱れがちですが、今までのことが台無しにならないように気をつけないと…