カラフルに生きよう☆

知識より体の声を。情報より心の声を。自分の色を思い出し、人生の解像度をあげるためのブログ。

ココロと肌の関係性

このブログ、美容カテゴリでしょ?だったら、スキンケアの情報とか書けよ!って感じじゃないですか。引き寄せの法則と美容ってなにが関係あるのよ!とっととキレイになる方法書いてよ!みたいな。

今回は、私が宇宙整形を信じようと思った理由について書いてみます。

 私ね、ずっと疑問だったんですよ。

いろんな薬を試したり、食事制限したり、スキンケア変えたり、化粧品変えたり、美容皮膚科行ったり、生活習慣見直したり…とにかくできることは片っ端から試してみて、一時的に改善はしても、またすぐ荒れて。

でも方や、どう見ても私より不摂生な生活してる人がツルツルピカピカ。

テレビとかでダイエット番組とか見てると、太った女の子が並んでるんだけどみんな肌めっちゃ綺麗なの。(笑)ポテチとか揚げ物とかめっちゃ食べてるのになんで!?!?って。100均のコスメ使ってても肌キレイなのとか、なんなのー!!って。(笑)

 

美容皮膚科とか行って20万くらいする保険適応外の治療法紹介されても「効果は個人差があります」とか「後々ぶり返す可能性もある」とか言われるのね。

 

どうしてよ!!!!!(涙)

 

体質なの!?じゃあもう諦めるしかないの!?!?!?

薬で治ったら、じゃあその薬を止めたらまたぶり返す恐怖に怯えなきゃいけないの?食事制限で治ったら、大好きなケーキや揚げ物を出されてもビクビクしながら食べなきゃいけないの?

 

そんなの、絶対やだ!!!!!(涙)

 

肌荒れの原因は本当の本当に、自分の不摂生なのか?生活習慣なのか?化粧品なのか?(ぶっちゃけどんなにすっぴんで過ごしてても荒れるときゃ荒れてたよ。)

 

こんだけいろいろ調べて、試して、それでもダメなら、もうあと何があるのよって考えたときに辿り着いたのが「自分自身」という結論でした。

私自身が、普段どんなことを考えて、どんなことを思って、どんな自分をクリエイトしているのか。

 

私は昔から自分に自信がなくて、自分の容姿にコンプレックスをもっていました。

人に嫌われるのを何よりも怖がり、人の顔色ばかり伺い、常に他人の目で自分を見ていました。

そのくせプライドだけ高くて、人に弱みを見せるのを嫌がり、見栄をはりたがり。(笑)

人に合わせるのが得意で、自分の言いたいことは言えず、常に周りに気を遣って生きてきました。

 

どれだけの人が当てはまるか、100%断言はできないけど。

肌荒れに悩んでる人って、同じようなタイプの人が多いんじゃないかなって思う。

 

人の体って、心と密接に繋がっていて。

心の「気付いて!」っていうサインがちゃんと体に出るようになってるんです。

 

本当は嫌だと思ってること。

本当はこうしたいと思っていること。

自分が我慢して、押し込めてるエネルギーが、排出経路として皮膚という大きな部分を使ってニキビとして出ようとするんです。

 

ちなみに、本音がなかなか言えない人は「喉」に不調が出やすい。

喉から風邪をひきやすいタイプの人がいたら、本音が言えてなくて体に出やすいのかも。私も風邪は大体喉からです。(最近は全然ひいてないけどね)

 

病は気から。という言葉もある通り、体の不調は心に溜め込んでいるエネルギーが原因だったりすることは多いんです。

 

だって、私思い当たることしかないし。(笑)

むしろ、「大人ニキビ」の原因ってこれじゃない?ってまじで思ってます。w

 

私は薬について悪いものだとは思ってません。

心が落ち着くようであれば、一時的に服用して自分を安心させるツールとしては別に良いと思う。

でも、「薬がなきゃダメだ。」って思ってるようなら、一旦自分の心に耳を傾けてほしいなって思います。

 

本当に心が求めているものはなんなのか。

 

色々と方向性が変わったり、直接美容についての情報は少なくなったブログではありますが、元々の目標や私の信念自体は2年前のブログ開始時期から何も変わっていません。

 

肌荒れを根本から治すこと!

 

もし当初から見守ってくれてる人がいたら、きっと見かけてる言葉だと思います(´-`*)

 

いろいろと書いてきてますが、私にとっては全部全部「美容」についての記事であり、「キレイになる」方法であることには違いありません!

 

本当の意味での「キレイ」を目指して、一緒に実験してもらえたら嬉しいです(´-`)☆

 

なりたい自分に、今!なれます!

見たい現実を、今!見れます!

選択するのは、私であり、あなたです!

 

私はあなたの現実を変えられませんが、あなたはあなたの現実を変えられます(*'▽')♪

 

 

今日も読んでくれてありがとうございました!

 

★Twitterやってます★

twitter.com