My cosmo

酷い大人ニキビを経験して気付いたこと。心が自分を創り、自分が世界を創る。【コンプレックスは最大のチャームポイント】がモットー!

現実が先か、思考が先か

私もそうだったんですが、この世界に起こることは「現実」が先で「どう思うか」が後だと思っている人が多いと思うんです。

でも、よく考えてみると…どうやらこれは逆らしい。

 だって、「イヤなこと」が起きたとしたら、それを「イヤなこと」だと思ってる自分がいたわけですよね。それを「イヤなこと」だとわかってる、思考している自分がいたから、起こった事象を「イヤなこと」だと思うってことですよね???

例えばそれが他人にとって「イヤなことではない」としたら、それが起こったところでその人には「イヤなことではない」ってことでしょ?

 

自分がそれを「イヤなこと」だと思い、信じているから、目の前の現実を「イヤなこと」だと認識する。

 

「信じてること」や「思うこと」が先で、現実はただの後付けだったのです!!!

 

「人生は苦労の連続だ」と思い、それを信じているから、その人にとっての人生は苦労の連続になるのであり、「現実はなかなか変わらない」と思い、それを信じているから、その人の現実はなかなか変わらない。って、たったそれだけの仕組みだったのです!!!!!

 

じゃあどうしたらいいか?ってなったら、答えって簡単ですよね。

思うこと、信じることを変えればいいだけ。現実は後からついてくるから。

 

あ、今「そんなの簡単じゃない」って思いました??

 

安心してください。「簡単じゃない」と思った人には「簡単じゃない」現実がちゃんと見れるようになってますので☆笑

 

今、現実に起こっているのは、過去の自分が「そう思っていた」ことなのです。

そんな「今」を見ながら「いやだー」と言って、「いやだー」と思い、「いやだー」ということを信じていたら、次に待ってるのは「いやだー」という「現実」です。

 

私ね、最近自分で意識していることがあるんだけど…

自分の「望み」が「Want(したい)」なのか「Must(しなければならない)」なのか。

たとえば、今はこうしていろんな本を読んだり勉強したりするのが楽しいから「もっと知りたい!(Want)」と思う。でも、いろんな情報の中でどうしても理解できないことがあったりする。わかりたい!知りたい!という望みを叶えるために行動してみたけど、気付くとそれが「知らなければならない(Must)」に変わってたりするんですよね。それに変化した途端、すっごい窮屈になる。本読んでても人の話聞いててもつまんない。

 

「〇〇したい(Want)」の先には「〇〇をして楽しい自分がいる」けど

「〇〇しなければならない(Must)」の先には「まだ〇〇をしていない自分」がいる

 

から、なんですよね。

 

よく「頑張らなきゃ!」って自分に言い聞かせている人がいるけど、これも一緒。

「頑張りたい」と「頑張らなきゃいけない」は別!!

「頑張りたい」の先には「頑張れたことによって達成感を味わえてる自分」がいるけど、「頑張らなきゃ」の先には「いつまでも頑張れていない自分」がいるだけ。

 

だから「頑張らなきゃ」の人はどんなに頑張っても、次から次へと「頑張らなきゃ」と思う現実が現れるわけです。

 

頑張らなきゃ!って、頑張っていない人が使う言葉だからね。

もう頑張ってるんだから、頑張らなくていいんだよ。

 

自分は「頑張ってる」って認めてあげてみてください(´-`*)

 

長くなりそうだから次の記事に続けますー!!!