My cosmo

酷い大人ニキビを経験して気付いたこと。心が自分を創り、自分が世界を創る。【コンプレックスは最大のチャームポイント】がモットー!

「Want」か「Must」か

前回の記事の続きなので、良ければ先にこちらから読んでみてください☆

omusubimaico.hatenablog.com

 

 なんでこんなこと考えたかっていうとね。

私って、自分でいうのも何なんですけどクソ真面目なんです。

でも、よく言うじゃないですか。「真面目な人は損をする」とか。「真面目だと願いは叶いにくい」とか(笑)

引き寄せの法則について最初に読んだ本にも「真面目に考えるな」とか「適当がいい」とか、そういうことが書いてあるわけですよ。友達にも「マイコは真面目だからな~w」とかね、言われちゃうわけですよ。(笑)

最初は「へー!適当でいいんだ!」って思って、「適当」を楽しんでたんだけど、ちょいちょい顔を出すんですよね。真面目な私が。(笑)

で、そのたびに真面目な私に「引っ込んでろ!」って思ってwww「適当にやらなきゃ!」「真面目やめなきゃ!」って思うようになっていったんです。(これ書いてて、ぶっちゃけ自分に「真面目かっ!」ってツッコんでる。w)

 

 

…あれ?

 

 

いつのまにか「適当にやらなきゃ(Must)」になってるー!!!!!(笑)

 

これって思い続ける限りずっと「適当になれていない自分」を追い続けることになるんですよね。

 

だから「適当でいなきゃ」と思っているうちは、いろんな人に「マイコは本当に真面目だね」とか言われて。言われ過ぎて「真面目」って言葉めっちゃ嫌いになってたwwもー!それ言わないでー!!って。www

 

そんなことに気付いたとき、ふと思ったのです。

 

あれ、私「真面目でいたい」んじゃない?

 

「真面目にやりたい」も私の大事な「したいこと(Want)」であったことに気付いたのです!!!!!!

 

それが腑に落ちた瞬間、全力で「真面目な私」に謝罪しました(笑)

( ;∀;)わー!「引っ込んでろ!」とか思ってごめんねー!!!真面目にしたかった気持ちを否定しちゃってごめんねー!!!!

そして仲直り。次からは「真面目な私」も大事にする。と約束しました。

 

「適当にやりたい」という私も、「真面目にやりたい」という私も、どちらも大切な私の一部です。

 

Mustに思ってることに関しては「適当にやりたい」という私を尊重し、Wantに思っていることに関しては「真面目にやりたい」という私を尊重する。

 

そうやって自分のなかでバランスをとって、心に折り合いをつければなんでもアリ!

 

「問題」に思っていたときはそれが私にとっての「問題」だったけど、それが「問題じゃない」と腑に落ちたとき、それは私にとってなんにも「問題じゃない」ことでした。

 

私みたいに、自分には何かしらの「問題」があるって感じてる人ってきっとたくさんいると思うんです。それがどんなものかは、人それぞれだけど。

でもそれって、一体何を基準とした「問題」なんだろう??

 

私は最初から、どんな人でも「問題はない」と思う。

どこで誰に何を言われたか知らないけど、自分が「問題」だと思っているから「問題」だという現実を見ているだけで。

 

その「問題」の答えって、本を読んだり人に話して解決するものではなくて、本当は自分のなかに既に在るものだと思います(´-`*)

 

 

自分の望みがWant(したいこと)なのか、Must(しなければならない)ことなのか!!!

Wantの先には「ワクワク」があり、Mustの先には「焦り」があります。

 

せっかくの「やりたい」ことが「やらなければならない」ことに変化していたら、どんどん叶いにくくなっちゃう!そんな気持ちに気付けるのは自分だけですよ☆

 

“集中”することと、“執着”することは違うからね(*'▽')♪

 

じっくり自分と対話して、そのとき自分が「したいこと」をしっかりキャッチしてあげてください(*^▽^*)

 

我ながら、今回めっちゃいいこと書けた気がするー!!(笑)

 

最後まで読んでくれてありがとうございました♪

 

 

★Twitterやってます★

@Myco_NeoHap

twitter.com

良ければフォローお願いします♪