目指せすっぴん美人 ニキビ撲滅プロジェクト

リアルタイムで経過を観察!一緒にすべすべ肌を手に入れましょう!

シャンプーは何を使っていますか?

 スキンケアを見直そう…と化粧水や保湿クリーム、洗顔を買い換える方は多いと思います。肌に直接塗るものですから、気をつけるのは当たり前ですし、より敏感になると思います。そんななかで、見落としがちな生活用品がもうひとつ。シャンプーです。

 シャンプーは髪の毛を洗うもの…というイメージですが、実際は頭皮・地肌を洗うものです。もちろん地肌は「肌」の一部なので、使用するシャンプーも気にしたいと思います。特に女性の場合、髪の毛が肌に触れるので、髪の汚れやすすぎ残しのシャンプーが肌についてしまう可能性もあります。

 

元々、私は夜になると髪の毛がベタついたり、トップが潰れてしまったりするタイプでした。当時は髪の毛が柔らかいのことや、汗をかいたことが原因だと思っていましたが、肌が油性肌で普通の人より皮脂が多いというということは、当たり前ですが頭皮にも皮脂が多いので、それが原因だったのだと思います。でもその頃は、それに対してシャンプーを変えようと考えたことはなく、それよりも顔にできたニキビの方ばかり気にしていました。

 

そもそもシャンプーには、どんな種類があるのでしょうか。

調べてみたところ、大きく分けて3つに分類されるそうです。

 

◎高級アルコール系シャンプー

一般的に販売されているシャンプーの9割は、これに該当します。「高級」といっても値段が高いというわけではなく、分子構造に炭素数が多いものを「高級アルコール」と呼ぶためであり、値段はどちらかというと低級です。特徴としては、泡立ちが良く洗浄力がとても高いこと。ただ洗浄力が高すぎて、必要以上に皮脂を取りすぎてしまい、頭皮への刺激も強いので、肌が弱い人や薄毛に悩んでいる人には不向きです。

私は元々このカテゴリーのシャンプーを使用していました。理由はまさに、安いから。女の子っぽい良い匂いがして、手軽に薬局で買えるので、ほとんどの方が購入していると思います。

 

◎石鹸系シャンプー

無添加で天然素材を原料としているものが多く、安全性がうたわれるシャンプーです。洗浄力が高く、毛穴の汚れまでとれるので洗いあがりはスッキリします。ただ、高級アルコールと同様に皮脂を取りすぎる傾向にあります。また、石鹸系シャンプーはアルカリ性で、人の肌や髪は弱酸性のため、これも刺激が強いです。特に髪はキューティクルがひらいてしまうため、酸性のリンスで中和する必要があるとか。肌が強く、自然志向でしっかり洗いたい方が使用しているかと思います。

 

◎アミノ酸系シャンプー

美容室の多くで使われているのはこのカテゴリーのシャンプーです。洗浄力はそこまで高くないですが、肌への刺激が弱く、シャンプーの回数を増やしても頭皮を傷める心配は少ないです。皮脂を取りすぎないので、皮脂の膜で頭皮の乾燥を防ぐことができます。肌と同じで、皮脂は頭皮を守るために必要なものです。難点はずばり高価であること。高級アルコール系のシャンプーと比べると実に5~10倍くらい値段に差があります。

 

◆3種類のシャンプーの見分け方

シャンプーの中身は50~70%水です。そして30~40%程度が主洗浄剤である「界面活性剤」、残りの10~20%が、いい匂いにするものだったり、指どおりをなめらかにするものだったり、防腐剤だったり…と副次的なものになります。ここで最も大事なのはこの「界面活性剤」というものです。成分表でみると水の次である2~5番目くらいまでの成分に注目してみてください。

・高級アルコール系シャンプー

ラウレス○○

ラウリル○○

スルホン○○

・石鹸系シャンプー

○○石鹸素地

脂肪酸○○

・アミノ系シャンプー

ココイル○○

ラウロイル○○

このように記載されている成分で、どれに分類されるシャンプーかどうか見分けることができます。

 

私は体質改善を始めるのと同時に、この「高級アルコール系シャンプー」から「アミノ酸系シャンプー」に切り替えてみました。アミノ酸系シャンプーといっても物凄い数の種類があるので、どのシャンプーにしようか迷いましたが、ひとまずこのシャンプーを試しに購入してみました。

ウカ(uka) ウカシャンプー ウェイクアップ!  300ml

ウカ(uka) ウカシャンプー ウェイクアップ! 300ml

 

 理由は、なんというか「ちょうどよかった」からです。(笑)

アミノ系シャンプーはとにかく値段が高価なので、金額を上げればキリがなくいろいろなシャンプーが手に入りますが、今回はシャンプーを変えてどれだけ効果があるのか確認したい「お試し」が目的だったので、3000円程度で購入できるこのシャンプーを購入してみました。めちゃくちゃ個人的な感覚ですが、シャンプーに4000円以上出すって考えるとどうしても高く感じるものの、3000円であれば、まあ許容範囲かなと感じるところがあったので…(笑)高級アルコール系に比べて甘い女の子らしい匂いはしないですが、森林のようなアロマみたいな香りがします。口コミサイトだと「おっさんの臭いがする」なんてレビューもありましたが、う~ん…どこが?ってくらい私は気にならなかったです。

 

1ヶ月使用してみた感想ですが、全然違いました

正直1日使っただけでも髪触りが違ったので、ここまで違うのか!とびっくりしたのですが、1ヶ月経った今、いろんな人から「髪質がずいぶん変わったね」と言われるようになりました。体質改善メニューを始めてから皮脂の量がだいぶ減ったので、シャンプーだけで変わったものではないと思いますが、前のように時間が経って髪の毛がベタついたり、トップがペッタンコに潰れてしまったり…ということがまったくなくなりました。

 

食べるもの、スキンケアに加えて、シャンプーも大事だということがハッキリと判明しました。今使っているシャンプーの成分表、是非チェックしてみてください。