カラフルに生きよう☆

知識より体の声を。情報より心の声を。自分の色を思い出し、人生の解像度をあげるためのブログ。

「なんとかしてあげなきゃ!」ってナメないで。

こないだパートナーシップのことで悩んでいる人と話してるときに、「旦那の愚痴に対してなんて言ったらいいかわからない」って話になってね。

 

旦那さんの会社のこともよく知らないから、下手なこと言って落ち込ませるのも嫌だし、共感することでネガティブが増して「もう仕事やめるわ」なんてことになったら困るし…話を聞いたところでどうすればいいのかわからない。と。

 

ふむ。そうね。

確かにうちも、特に私はずっと役者しかしてこなかったから「会社員」というものを経験したことがなくて、旦那の話を聞いてもちんぷんかんぷんなことは多い。

 

でも、なぜ自分が「何かをしてあげる」前提なんだろう???

 

私なんて、正直旦那の話は相槌うってるだけよ。(笑)

わからないことがあったら質問したり、興味をもったことに対しては深く聞いたりするけど。

 

私が、なんとかしてあげなくちゃ!!!とは思わない。

 

まー、そりゃ愚痴りたいときはあるよね。

私にはわからん辛さもあるんだろうなー。

うへぇー、そんなことがあったら、そう思っちゃうわな!

 

って、「旦那が話したい」と思うことに寄り添うだけ。

 

誰が正しいとか、それは間違いとか、わからんし。(笑)

旦那の話を聞く限りだけど、サラリーマンっていうのは思ってるより奥深いよ。ww

 

でも、その状況を知らないからこそ無責任に「こうはできないの?」って言えることもあるし。

それを聞いた相手が「確かにそれはやったことなかったわ!」ってヒントをもらうこともある。

 

それはそれでラッキーなんだけど、それでも私がなんとかしてあげなきゃ!!!!とは思わない。

 

なんでかというと。

 

私が何もしなくても、この人は大丈夫っしょ。って「信じている」から。

 

で、この「信じている」は「きっと辞めないだろう」とか、そんな生易しいものじゃないのだ。

 

辞めちゃうかもしれないけど、それはそれで大丈夫だろう。って思ってる。

 

そりゃ突然辞めた!ってなったら、「まじか!」とはなるだろうしww

これからどうしよっか!!!!って必死になるかもだけどwww

やめないって信じてたのに!!!!とはならない。

 

でも私が「信じて」何もしないことで、相手は勝手にたくましくなる。

自分でどんどん解決する力をつけてくるし、稼ぐ術を身に着けてくる。

 

ワイ、それ見て「すげぇなぁ」って感心するだけ。(笑)

 

「なんとかしてあげなきゃ!」っていうのは、相手をナメてんのと一緒なの。

この人は、自分が何かしてあげないとダメな弱い人。だという扱いになる。

 

その扱いしてると、相手はどんどんその通りになるの。

妻が信じてくれていないのも伝わってるから、すごく辛いし自信もなくなる。

会社辞めたら大変なことになると思って辞められなくて、「辞められない」というプレッシャーに押しつぶされて、どんどん逃げ場がなくなる。

あぁ…やっぱり俺は妻が思う通り「自分じゃ何もできない弱い人間なんだ…」と諦めだす。

それを見た妻がまた慌てて「心配」をして、追い打ちをかける。(笑)

 

だから大切なのは、どんな状況であっても「ふっふっふっ、あんたの力はそんなことで失うようなもんじゃないってこと知ってるから、何したって大丈夫やで。」っていうスタンスでいてあげること。

 

失敗しても、会社を辞めても、出世しなくても、そんなことで力を失うような男じゃないんだぜ。って信頼してあげること。

 

その上で、相手に話させてあげよう。

なんかわっかんないけど、大変だねーーーー。よう頑張っとるねーーーー。って聞くだけでいい。

 

何か意見がほしいときは「どう思う?」って聞いてくるだろうから、その時は「私はこう思うよ」って言ってあげればいい。

私も、旦那に問わず、基本的に聞かれない限りアドバイスはしない😇♡ 

f:id:omusubimaico:20191210163713j:plain

 

なーんて、こんなこと書いてるけど、元々は私もダメンズメーカーだったので。(笑)

昔は恋愛関係になる人みんなに「私がなんとかしてあげたい!!!」ってスタンスで接して、どんどん相手が力を失っていくのを見てきた。

で、それを「この人は私がいなきゃダメな人」だという風に解釈して、もっともっと尽くして、いつもいつも心配してた。

 

そうやって、自分に“価値”を見出してたの。

 

相手をダメな人扱いして、それを“支えてあげる私”って悦に入って。

誰かを「心配」することで、自分のポジションを確立してた。

 

でも結局それって、誰も幸せにならんくて。

相手はどんどん力を失うし、私は私で愛されない不安ばかりに怯えてた。

 

だから今は、当時の自分と真逆のことをしている。というだけ。

 

最初は「何もしない」ことにめっちゃザワついて、自分は「役立たず」なんじゃないかと思ったり、このままじゃ「愛されない」んじゃないかと不安になったりもしたけど。

 

少なくとも、「何かしてあげなきゃ!」って自分の価値を押し付けてるときより、今の方が断然愛されてるよ😇♡(笑)

 

 

「何をしてあげればいいのかわからない」と感じるのは、もしかしたら「何かをしてあげないと」自分に価値はないと思っているのかもしれない。

或いは、何かをしてあげても現実が変わらなくて、自分に価値がないと思うのが怖いだけかもしれない。

 

本当は何もしなくても、お互いに価値は変わらないのにね😏

 

パートナーに限らず、人間関係においては同じじゃないかと思うよん。

 

相手を信頼することは、

自分を信頼することと同じ。

 

自分が「選択」したものを信じてあげることは

同時に、自分の幸せは「何か」や「誰か」次第ではないと、信じてあげることと同じ。

 

何があっても、絶対にあなたは大丈夫だよ。

 

それを思いだそう♡

 

*******************

・アメブロ

(肌荒れからのエピソードを整理して書くよ!)

・Twitter

(両ブログの更新もわかって便利!)

・YouTube

(文字よりも喋りの方がわかりやすい人は是非!)

 

※リンク先に飛びます※