My cosmo

酷い大人ニキビを経験して気付いたこと。心が自分を創り、自分が世界を創る。【コンプレックスは最大のチャームポイント】がモットー!

未完成だから魅力的

はーーー、素晴らしい😭😭😭

もーーー、嬉しい😭😭😭

f:id:omusubimaico:20181105234829j:plain

今まで乗らなきゃ!と思っていた波🌊に乗ろうとするのをやめて、

「もう流されてもいいや」って身を委ねた瞬間、心地良い自分の波に乗ることができる。

 

ポジティブになんか、なろうとしなくていいよ。

ネガティブのままでもいいや、って抵抗をやめたら勝手に前に進んでく。

 

 

やりたいことをやっているはずなのに、疲れるとき。

本当にやりたいことは、やっていない。

 

それともうひとつ。

 

せっかくやりたいことを見つけたのに、自分の思い込みのせいで楽しめない😩ってのもあるよね。

 

昨日ね、LINEで「50歳を過ぎて初めて“作家になりたい”という気持ちになって、小説を書いてみようと思うんだけど、いざ書こうとすると気が乗らずに違うことをやろうとしちゃう」っていうメッセージをもらってさ

 

まず、めちゃくちゃ素敵やん😍!?!?!?!?

 

でも、せっかく“やりたいこと”が浮かんでも、やろうとすると【抵抗】が出るから、

本当はやりたいわけじゃなかったのかな??って考えちゃう。

 

この気持ち、すごーーーーーーいわかる。

私も役者やりながら、この気持ちずっと抱えてたから。

 

この場合は、やりたいことをやってないっていうわけじゃなくて、やるのが【怖い】んよね。

 

作家なんて、才能がなきゃ見てもらえないんじゃないか。

作家を名乗りたいなら、文章をうまく書かないといけない。

賞を貰ったわけじゃないのに、お金も稼げてないのに、「作家」を名乗るなんて恥ずかしいことじゃないか。笑われるんじゃないか。

 

作家=才能ある人、稼げる人、賞を貰える人

 

っていう自分の思い込みがあると、無意識に「そうならないと!」ってプレッシャーをかけちゃって、やりたいこともやりたくなくなる。

 

せっかく【書く】ことが好きなのに、だんだん【書く】のが怖くなるから、「書けない😩!」って悩んで“書かない”方が楽チンになってくる。

 

この場合、もしめっちゃ頑張って本を出せて堂々と【作家】を名乗れる日がきたとしても、今度は「賞を貰えないと作家とは言えない…」とか「稼ぎ続けないと作家とは言えない…」みたいに、いちいちその状況にいちゃもん付けてずーーっと頑張り続けなきゃいけなくなる。

 

稼げなくても、下手くそでも、笑われても、書きたいから書く!でいいんよね✨

 

そして、いかに「自分に楽しませてあげるか」が大切だと思うのだ♡

 

それに、個人的には、

誰が見ても若くて才能もある人が作家としてデビューするよりも、

50歳過ぎてから初めて小説を書き始めた人の方が、めちゃくちゃ魅力的やと思う!!

 

若くて美人でスタイルが良くてお金持ちで何やってもうまくいく人が幸せそうにしてる姿よりも、

どこにでもいるフツーな人や、自分にコンプレックスを持ってる人が、何かにチャレンジしたり、幸せそうにしてる姿の方が、グッとこない?😆✨

 

だから私は美人じゃなくて良かったーと思う(*´з`)(笑)

 

自信をつけてから…完璧にしてから…なんてもったいない!!!!

未完成だから、魅力的なんだよ♡♡

 

 

今日は短め😘

これから動画を仕上げるよー!!!!

明日にはアップできたらいいな~~~~~♪

 

読んでくれてありがとう🙏♡

 

*********************************

 

 【YouTubeで動画を上げました☆】

大人ニキビは治さず、戻す! - YouTube

 

【LINE】https://line.me/R/ti/p/@qfb6279p

 または@qfb6279pでID検索してくれたら出てきます♪

 

【Mail】mycosmo.happy@gmail.com

【Twitter】@Myco_NeoHap

 

*********************************