My cosmo

酷い大人ニキビを経験して気付いたこと。心が自分を創り、自分が世界を創る。【コンプレックスは最大のチャームポイント】がモットー!

どうしたら良いか「わからない」とき

やっほやっほ、マイコです(*‘∀‘)

そういえば、こないだ難波で「音けっと」なるイベントがあることを知って、予備知識まったくないまま突撃してきたよ!

といっても、どうやら今回が初めての開催だったみたい。

音楽を趣味(あるいは仕事)にしている人たちの、即売会のイベントのようで。アニメやゲーム系の作品が多かったのだけど、私個人的には全く偏見ないので抵抗なし♡

いやー私は楽譜も読めないので…表現したいことを音にするってすごいなー!って心底思って、ワクワクしちゃって…マイクを買ってしまった…。

見切り発車感が半端ない。マイクを買ってどうしようというんだ私!!(笑)

 

 

さてさて…話は変わって。

こないだ、相談LINEがきました。

 

痛いニキビがたくさん出来て、イライラするし落ち込んでしまう。

ニキビが多くできるときは胃腸も弱くなってしまって、何を食べても気持ち悪い。

私の好きなことは、カフェに行くことや食べることなのに、それすらできない。

どうしたら良いか、わからなくなってしまった。

 

ざっくり言えば、こんな感じの内容でした。

 

「どうしたら良いか、わからない」

 

どうしたら良いかわからないとき、自分がどうすればいいのか知りたくて、私もしょっちゅう人に相談してた。彼女の気持ちが痛いほどわかる。苦しみのループから早く抜け出したい!!!という焦る気持ち。

 

私がまず大切に思うのは、感じてることに蓋をしないこと。

落ち込みたくない!と思うほど落ち込むし

イライラしたくない!と思うほどイライラする。

蓋をしちゃうと、自分の中でどんどんくすぶって大きくなっちゃう。

 

落ち込んでいいし、イライラしたっていい。

てか、ニキビしんどいじゃん!!!!気にしない方が無理無理!!!

omusubimaico.hatenablog.com

1人で泣くも良し、ノートに書くも良し、誰かに話すも良し!

まずは気持ちを感じて、吐き出して、自分の気持ちを浄化させることが大事♡

私の経験上、しんどい時に「何かしよう」「もっと頑張ろう」と思っても、逆走するだけ。

 

「わからない」という言葉を使うと、「考えてない」と思われがち。

でも、彼女のLINEの内容を見ると、ちゃんと考えてると思った。彼女なりに一生懸命考えて考えて考えた上で、「もうどうしたら良いのかわからない」状態なのだ。

 

考えても“わからない”ことをは、考えても“わからない”

頭の中が文字でいっぱいの状態だと、何か新しいことを思いつくスキマがないのだよね。

 

そんな時に「どうすればいいの?ねぇ、どうしたら楽になれるの!?どうしたいのかハッキリしなさいよ!!!」なんて、自分に追い打ちかけたところで、もっともっと苦しくなるだけ。

 

“問題”というエネルギーの中にどっぷり浸かっているので、その中でもがいても溺れてしまう。

 

「わからない」ことを恥だと思ったり、ダメなことだと思っていたりする人は、そんな状態でも一生懸命に答えを出そうとする。

なぜなら、私がそうだったから。(笑)

 

でもこの場合、「わからない」というのが自分の答えなんだよね。

ちゃんと答えは出てるのだ(*‘∀‘)

 

考えたってわからないことを、わかろうわかろう…と頭の中でもがくよりも、「わかりません!!」って事実を認めてしまった方が、気が楽になる。

“気が楽になる”時は、“問題”の中から息継ぎをして、“解決”のエネルギーの波に乗り始めた状態なので、ふとした瞬間に「あれ?」って抜けられたりする。

 

あとね、「好きなことをやろう!」と「好きなことをやらなきゃ!」は違うよ!

「したい!」の先には「ワクワク」があるけど、「しなきゃ!」の先には「焦り」がある。

「好きなことをやる」に縛られて、自分の「好きなこと」を決めつけて、できない自分をダメだ、ダメだ、って追い込むくらいなら、好きなことなんてやらなくていい。

 

今、一番“気が向くこと”をやればいい。

 

私も食べること好きだけど、全然食べたくないときだってある。

ブログ書くのも好きだけど、全然書きたいと思わないときだってある。

誰かに会いたいときもあれば、誰にも会いたくないときだってある。

昨日はやりたい!と思ったけど、今日はやりたくない!って思うことだってある。

(やりたいことに蓋をするのとは違うよ♡)

 

でも私はそれでいいと思ってる。

「雨は絶対に止むべきだ」って言ったところで雨が降るのと同じように、天気も気分も自然に変わる。昨日まで嫌いだった人が、今日突然好きな人に変わることだってある。

 

過去の自分に縛られず、“今”の自分を自然体で生きよう。

 

「どうしたら良いかわからない」とき。

それって恥ずかしいことでも、情けないことでもなくってさ。 

「わからない」ことを「知りたい」と思うことが、心の燃料になるんじゃないかと思うんだよね。

 

 

 前に旦那にね、『美味しいお酒が飲みたい!』と思ったとして、どれを飲んだらいいのかも「わからない」時にどんなに情報収集したって、最終的には飲んでみないと、どれが自分にとって美味しいお酒かなんて「わからない」って言われたことがあってね。

まじ、ごもっとも!!って思ったの。(笑)

 

考えすぎちゃう人ってさ、何かを「やってみたい!」って思ったときに、「こうなったら、ああなったら」ってアレコレ考えて、結局その場から動けないじゃない。

「美味しいお酒が飲みたい!」って望みが出たのにも関わらず、終いにゃ「私ってあんまりお酒強くないし」とか言い出すやつ。(笑)

 

「わからない」ことは「わからない」ままでいい。

「わからない」ことがあるから、「知る」ことができるんだ。

 

私も、マイクを買って何がしたいんだろう。(笑)

でもあの瞬間「ワクワクしたこと」は事実で、その上で「わからない」から、やってみようと思ったのだ(ΦωΦ)ww

 

知らない自分に会えたり、忘れてた自分を思い出すのは、「わからない」ことの先なのかも♡

じゃあ「わからない」って「知る」ための準備が出来たって証拠なんだね。

 

今日も読んでくれてありがとーう!

マイコでした☆

 

★★★★★★★★★

マイコのLINE@は下記のリンクから友だち追加できます☆
https://line.me/R/ti/p/@qfb6279p

 

または@qfb6279pでID検索してくれたら出てきます♪

 

メールアドレス→mycosmo.happy@gmail.com

(ご依頼はこちらからお願いします♡)

 

Twitter→@Myco_NeoHap

★★★★★★★★★