My cosmo

酷い大人ニキビを経験して気付いたこと。心が自分を創り、自分が世界を創る。【コンプレックスは最大のチャームポイント】がモットー!

外側への意識

今日も読んでくれてありがとうございます!

昨日はなんだか寝付けませんでした。眠い。

 

あーす・じぷしーさんの本があまりにも良かったから、お友達にシェアしてみたのですよ。そのうちの一人から返ってきた言葉が

 

「口コミも結構いいね!」

だったの。

 く、口コミ!?!?!?!?!?

 

その言葉にすっごい違和感!モヤモヤモヤモヤ…

口コミが良かったら買うの?悪かったら「ダメな本」なの??

 

そういえば、昔は私もなにか買うときは全部「口コミ」を頼りにしていました。

「みんなが良いっていうならきっと良いはず」「あの人が推薦してたからきっと良いはず」

自分に必要な情報は、自分がちゃんとわかっているはずなのに。

本来みんなそれができるはずなのに、情報に頼れば頼るほど、自分の感覚にどんどん疎くなっていく。

 

ほんの3か月前までは私も周りの意見ばっかりに頼っていたのに、そんなこと思うなんて、少しずつ「私」を生きれるようになってきたんだなぁと実感できた気がします。

 

今日はそんな「外側」の話です。

 

以前、友達に会った時、私が今やっている「実験」についての話をしたことがあります。

 

それぞれ接点のない人たちなのに、みんな口揃えて同じこと言うからなんか笑っちゃったんだけど

 

「それを応援してくれる旦那さんで良かったねー!」

 

って言われたんです。

 

一見、一見ね!「素敵な旦那さんだね」って褒めてもらってるように聞こえるんだけど、私にはその言葉の裏に

 

「うちの旦那(彼氏)じゃ無理だわ~」

 

って声が聞こえてならないのですよ!(笑)

 

みんなの共通点はね「真面目で慎重で周りを気遣う人」。この実験に出会う前の私とまったく同じ。類は友を呼んでたんだな~ってしみじみ。

 

私も同じタイプだったから、めっちゃよくわかるんだけど、このテのタイプの人って「外側」の常識や意見をすごく大事にして、「誰かのため」に何かをする人なんだよね。

一見すごく素敵に見えるけど、今の私にはあまり素敵にうつらなくなりました。あの頃に戻りたいか?って聞かれたら戻りたくない。

 

誰かのため」に何かをするってことは、その反面「誰かのせいにする」ってことでもあると思うから。

 

彼のためにしてあげたのに

あの人が言うからこうしたのに

この人のために(この人がいるから)私はこうなっている

 

人は流れのなかで変化する生き物です。

私が3か月前と考え方がまったく変わっているように、人は日々いろんなものを吸収して、自分が思っている以上に変化しています。

言うことが変わったり、考えが変わったりするのは当たり前のこと。

 

他人の変化に軸を置いて生活していると、振り回されます。

 

大事なのは「どうされたいか」ではなくて「どうしたいか」です。

 

自分が変化するのに、相手も環境も道具も必要ない。

「自分」さえいればできることなのです。

 

うちの旦那がパートナーじゃできない

この生活環境じゃできない

今はお金がないからできない

 

どんなにいい旦那さんと一緒でも

どんなに恵まれた環境でも

どんなに大金を手に入れても

 

やらない人は、やらないと思います。

 

「誰かのため」にと思うことは決して悪いことではありません。

私って優しいんだな♡って受け止めて、それに固執せず他にもある自分の大切な部分にも目を向けて、受け止めてみてほしい。

 

 

良い奥さんになりたい、良い恋人になりたい、良い友達になりたい

その「良い」はどこに向けられたものですか?

 

「良い奥さんだよね」「良い恋人だよね」「良い友達だよね」

 

って他人の「良い」に振り回されていませんか?

 

「こうしたら」みんなに「いいね!」って思ってもらえる。

 

お金や、物や、他人からの「いいね!」など、自分の外側にあるもので満たされるのはその一瞬だけです。

すぐまた別のもので満たされたくなります。

 

結婚したら、マイホームを手に入れたら、旦那さんの給料が上がったら、子供ができたら、都心に引っ越したら、仕事がうまくいったら、こんな旦那なら、こんな恋人なら、こんな友達なら、こんな趣味があれば、これができたら、あれができたら、こうなれば、ああなれば…

 

ってもー

 

キリがないです!!!!(笑)

 

「されたい」という気持ちは、自分から自分へのメッセージだと思ってください!!!

 

「認められたい」「愛されたい」

これらは、心のなかの親友が「自分に言っていること」です。

 

「もっと私を認めて!」

「もっと私を愛して!」

 

自分を認めてあげられるのは、誰でもない「私」です。私が私を認めてはじめて、その欲求は満たされると思います。

 

 

「誰かのために生きる」なんて難しいこと、自分のために生きれない人が言うセリフじゃないと思います。自分のもってるものが溢れて、はじめて誰かのために使えると思うんです。

本当に「誰かのため」を思うなら、まず自分の幸せで満たされましょう☆

 

自分が今思っている考えのなかには、本当に自分の望みが入っていますか??

「誰かに言われたから」「こうするのが普通だから」「みんなそうしてるから」なんて外側の意見に埋もれて見えなくなっていませんか?

 

大切なのは正解か不正解かじゃなく、自分がどう思うか!!です!!

 

 

次に続きます!

 

 

☆Twitterはじめました☆

@Myco_NeoHap

 

お気軽にフォローお願いします♪