目指せすっぴん美人 宇宙整形プロジェクト

“私”を生きるとキレイになる。容姿にコンプレックスのある私が、宇宙の法則による『宇宙整形』を証明するための実験ブログです☆

自分と親友になる

よくある言葉「自分を好きになりなさい」

なれたらこんなに苦労しないわ!!って思ったことありません??笑

特に肌が荒れてるときなんて、鏡見るのもツライし人に会うのもツライし、どんどん落ち込んで好きになるどころじゃないですよね。

 

 

なので、私はこう考えました。

 

自分と、親友になる!

 

例えば、自分の友達の肌が荒れていて、相談されたらどうしますか??

 

少しでも良くなっていたら「綺麗になったね!」って認めてあげたり「そんな気にすることないよ」とか「絶対良くなるよ!」とか、きっとみんな励ましたり、共感したり、優しい言葉をかけてあげると思うのです。

 

でもこれが「自分」だと思うと、つい鏡を見ながら

「肌汚いな。」とか

「うわ、またニキビできてる。」とか

「私ってブスだな。」とか思っちゃう。

 

つまり、この「自分」を「友達」に置き換えると、悩んでる大切な友達に向かって

「うわ、なにその肌荒れ!ちっとも良くならないね!ブスだわ〜」なんて、罵倒していることになるのです。

友達は何も悪いことしてないのに、あなたは一方的にいじめているのです。

 

そんなこと言われたら、友達だってあなたのこと嫌いになっちゃう。

 

友達には優しくできるけど、自分には優しくできないなんてことはきっとありません。

「自分」だって思うから優しくなれない、好きになれない、って思うのであれば、まずは友達だと思って声をかけてみてください。

 

「おはよう。今日は肌の調子良さそうだね」

「お疲れ様、今日もよく頑張ったね」

「お、今日のメイクいい感じだよ」

「ニキビ一個なくなってる!やったじゃん!」

 

そうやって少しずつ少しずつ距離を縮めていけば、きっといつか「親友」になれます。

しかも絶対に裏切られない保証付き。(笑)安心して仲良くなれますね。

 

 

ちなみに私は、自分のことを罵倒してはいなかったものの、自分だと思うとつい手を抜いてしまいがちでした。

 

例えば‥旦那さんが帰ってくるときは頑張ってご飯作るけど、飲み会で遅くなることがわかってると「今日は私だけだし、適当でいっか〜」みたいな。

 

これを親友に置き換えると‥

せっかく親友にご飯を振舞おうっていうのに、残り物やらなんやらを、適当に食べさせてるような感じ。(笑)ごめんね、私ちゃん!(笑)

 

なので、1人の時にいかにご飯を楽しむかを最近は意識するようになりました。

 

「今日はひとりだし、好きなもの食べちゃう?」って、のんびり外食してみたりとか、逆に家で楽したいときは親友から「いつも頑張ってるんだから、今日くらい適当でもいいよ☆」って言われてることにして甘えてみたりとか。

 

なにも、接待しなきゃいけないわけじゃありません。

親友は良き理解者なので、むしろ何したってなーーーんでも受け入れてくれるのです。

そんな親友を大事にすればいいって、それだけ。

 

同じ「適当」でも

 

「あんたならこれでも適当に食べときな」って残りもの出されたら、親友は悲しい気持ちになります。

 

でも、「ごめん!今日疲れたからご飯適当にしてもいい?」って聞けば、笑顔で「いいよいいよ、ゆっくり休みな」って言ってくれる。

 

要は、特別なにかやらなきゃいけないわけじゃないのです。

自分の中にいる親友を気遣ってあげてみてください。今まで悪口言ってごめんね、って仲直りしてみてください。

 

すぐに打ち解けられなくても、絶対に親友になれます。そして、自分の一番の理解者になってくれます。何があっても決して離れることもなく、常に寄り添って励ましてくれる親友をぜひぜひ大事にしてください。

 

自分と親友になれたとき、きっと私もあなたも自分のことが大好きになっているはずです♪