目指せすっぴん美人 宇宙整形プロジェクト

肌荒れには『心質改善』!“私”を生きるとキレイになる。容姿にコンプレックスのある私が、宇宙の法則による『宇宙整形』を証明するための実験ブログです☆

ファンデーションを選んでみた

前回前々回と化粧品を選ぶにあたっての基礎知識をなんとなく理解できたので、それを踏まえて実際にコスメキッチンに来店してみました。ちなみに相談したのは前回スキンケアを選ぶときにも相談させてもらったお姉さんでした。(笑)

 ニキビ痕や赤みがまだ少し残っているので、カバーしたい!誤魔化したい!という気持ちはありますが、現在使っているマルティナは肌にやさしい分洗浄力は弱いので、あまりしっかりカバーできるようなファンデーションを使ってしまうと、荒い残しが気になります。いろいろ口コミを見ると、メイク落としは別の物を使用して洗顔料としてマルティナを使っているという人もいるようでしたが…

肌が回復して痕や赤みがなくなれば、カバー力を気にしなくてもいいわけだよね!!!!

と、せっかくなのでマルティナの力を信じて綺麗な素肌を手に入れてからも安心して使えるファンデーションを手に入れたく思いました。

 

今回選ぶ基準としては、前回記事にしたポイントを最低限クリアしていることがまず第一条件。その上で、出来る限りオーガニック原料を使用しているもの。油性肌・皮脂多めの私はオイルフリーで時間が経っても皮脂の浮かないミネラルファンデーションを選びたいと思いました。

 

コスメキッチンで取り扱いのあるブランドの中で、私が選択肢に入れたのはMiMCalima PUREアムリターラの3つでした。それぞれの特徴やポイントを比較してみます。

 

MiMC(エムアイエムシー)http://www.mimc.co.jp/

パラベン・タルク・紫外線吸収剤・鉱物油フリー。ナチュラル成分にただこだわるだけでなく、スキンケア効果が高い天然ミネラルと生命力豊かな天然植物を原料して選び抜いて使用している。他ブランドのミネラルコスメと比べて特に質の高い鉱物(ミネラル)を使っているため、ちょっと高価。

 alima PURE(アリマピュア)http://www.cosmekitchen-webstore.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=BRDALP&bid=CK01

 オキシ塩化ビスマス、タルク、蛍光顔料、カルミン、合成香料、パラベン、シリコン、鉱物油、TEA、ナノ粒子不使用。さらにオーガニック認証である「BDIH」を取得しているオーガニックコスメブランド。入っている全成分はマイカ、酸化チタン、酸化亜鉛、+-酸化鉄のみというウルトラピュアなミネラル100%ファンデ。下地、コンシーラーまでもパウダータイプで用意されている。カラー展開の少ないミネラルファンデの中で、最も多いカラー展開なのが魅力とされている。

アリマピュア サテンマットブラッシュ ミモザ 2.5g アウトレット

アリマピュア サテンマットブラッシュ ミモザ 2.5g アウトレット

 

 amritara(アムリターラ)http://www.amritara.com/

ノンナノ、ノンシリコン、ノンタルク、ノンタール色素、不必要な成分は一切使用せず、天然鉱石もナチュラルコーティング。原料にもオーガニックの植物を使用していて、唯一酸化チタンの入っていないノンチタンのファンデーションも取り扱っている、とことんこだわったの国産ブランド。

 

各ブランドの資料やカタログを貰って一度持ち帰り、ひたすら迷う…。

なんとなくのイメージだけで考えると、MiMCはたくさんの植物エキスが入っていて、どちらかといえばアンチエイジングに力を入れている感じがしました。40代からオススメのコスメとして紹介している人もいるくらいでしたので、今回の選択肢からはひとまず除外しました。残りのアリマピュアとアムリターラの二択でひたすら迷う迷う…

ここまできたら、とことんこだわっているアムリターラのノンチタンファンデにしようか、とも思ったのですが、このノンチタンファンデはパウダータイプのものではなく、プレストタイプのものでした。プレストタイプのものはオイル(オーガニックコスメの場合はアルガンオイル等のナチュラルオイルですが)で、ギューっとプレスして固めている状態のファンデーションなので、オイルフリーという観点で考えるとちょっと悩むところになります。

散々悩みましたが、今回スキンケアもマルティナで揃えた私のテーマは「シンプル」。出来る限り余分なものを排除した素肌に限りなく近いコスメを選択したいと考え、アリマピュアを購入しました!

 

上でも記述した通り、取り扱っているのは全てミネラル100%のパウダーファンデーション。コンシーラーも下地も日焼け止め(サンスクリーン)もチークも、何もかもパウダータイプという、もはやミネラルパウダーファンデ専門のブランドです。ファンデーションにはスティックファンデーションルースファンデーションエマルジョンファンデーションクリームファンデーションリキッドファンデーションプレストパウダーファンデーションパウダーファンデーションと様々なタイプのものがありますがパウダーファンデーションはその中でも最も付け心地が軽く、肌に優しい分カバー力は低いとされています。そもそも、パウダーファンデなんでまともに使ったこともないので、どうやってつけたらいいの?どこまでカバーできるの?と疑問だらけ。

 

パウダーファンデ初心者なので、次はパウダーファンデの種類や付け方、カバー力なども含めてまとめてみたいと思います。