目指せすっぴん美人 宇宙整形プロジェクト

内側を整えると 外見も美しくなる。そんな『宇宙整形』を証明するための実験ブログです☆

プチ断食 感想まとめ

本日朝までの復食を無事に終え、これにて第一回ヨーグルトプチ断食は終了致しました。人生で最も長い2日間でした。

 今回初めてプチ断食をやってみて、感じたことや失敗したことなどを振り返ってみようと思います。

 

【その1】100%野菜ジュースが苦手

これは盲点でした。意気揚々と100%野菜ジュースを買い込んで挑んだのですが、よく考えたら100%の野菜ジュースってあまり飲んだ記憶がなかったのです。普段、野菜ジュースだと思って飲んでいたものは「野菜+果物」のジュースだったので、甘くて飲みやすいものだったんですね。それに気付かず、野菜100%を購入しました。家で飲んでビックリ。これ、トマトジュースじゃん…いや、きっとトマトジュースに比べれば大分飲みやすいんでしょうけど、私にはトマトジュースにしか思えませんでした。実は私トマトもケチャップも大好きなんですが、トマトジュースだけは昔から苦手なのです。1食目からそのジュースのインパクトに大分動揺してしまいました。一応プチ断食のレシピは100%野菜ジュースか豆乳のどちらかで良かったんですが、飲みやすい野菜ジュースを想像して買い込んでしまったので、今回は野菜ジュースだけでなんとかやりきりました。(笑)

 

【その2】家にいるよりも、外の方が誘惑が多い

手の届く範囲に食べ物があると、つい食べてしまうのはないかとか、暇な時間が多いと余計にお腹が空くんじゃないかなどと考え、今回は外出予定のある日に決行しました。ですが、実際外にいると美味しそうな匂いがあちこちから漂ってきます。(笑)食べ歩きをしている人を横目に見ながらというのも、なかなかしんどいものがありました。それと、行動することが多いと、その分エネルギーも消費するので、早い段階で頭に酸素が回らなくなってボーっとすることが多かったりと、体力的に辛くなることもありました。やはり出来る限り安静していられる日に決行するほうが、体への負担は少ないですね。

 

【その3】食べ物の夢を見る

笑い事じゃないんです。本当に食べ物の夢にうなされます。自分の欲求が夢になって現れるんでしょうか…昨晩はたくさんのドーナツや揚げパンの差し入れを貰い「その中から一つだけ食べていいよ」と言われて、何を食べようかヨダレを我慢しながら選んでいる夢を見ました。(笑)夢の中でも我慢していましたね…

 

【その4】「食べる」ことに感謝の気持ちが生まれる

なんか、ベタな表現になってしまいますが、今回初めて断食を行なって、本当に強くそう思いました。今まで好きな食べ物を好きなだけ食べてたことがどれだけ幸せか。(笑)食生活を改善したときにも感じましたが、今までの食生活がどれだけ胃に負担をかけていたか、すごく客観視できるようになりました。腸がリセットされた今、せっかくなので今まで以上に食生活を見直しながら、食べれる幸せをかみ締めたいと思います。

 

【その5】リバウンドする人の気持ちがわかる

断食が明けたので、本日の昼からは通常食に戻しての生活になりました。断食が終わった開放感と反動で、なんでも食べたくなりました。そして何を食べても美味しいので、「自分へのご褒美☆」なんて考えだしたら、あっという間に元の食生活に後戻りしそうな気配すらあります。いや、これマジです。私は今回ダイエットのつもりではないですが、せっかく綺麗にした腸を早速汚すわけにもいかないので、今日の昼食は春雨スープと蒸しパンを購入しました。(めちゃくちゃ美味しかったです)今までダイエットをしたこともなかったので、リバウンドの感覚なんてわからなかったですが、きっとこういう小さなご褒美がキッカケで崩れていくんだろうなぁ…なんて実感しました。

 

何事も経験!と思って、今回初めてプチ断食をしてみましたが、いろんなことを感じることができました。実際に腸が綺麗になったのか、目で確認することはできないですが、きっと綺麗になったと信じて、自信をもってお肌のための体質改善をこれからも頑張っていきたいと思います。