目指せすっぴん美人 ニキビ撲滅プロジェクト

リアルタイムで経過を観察!一緒にすべすべ肌を手に入れましょう!

ニキビ治療の新薬!ベピオゲルとは?

ニキビ治療において、今まで重宝されていたディフェリンゲルですが、それを凌ぐ最強の新薬として2015年4月に新たに保険適用されたのがこの薬。

 

ベピオゲルです。

  f:id:omusubimaico:20151105232202j:plain

過酸化ベンゾイルという成分が入っている、このベピオゲル。

強力な殺菌力とピーリング作用があり、アメリカ版プロアクティブにも同じ成分が入っているそうです。(日本のには入ってません)

 

◎ディフェリンゲルとベピオゲルの違いとは?

 

ディフェリンゲルは角質を剥離させる薬です。通常アクネ菌を殺菌する抗菌剤(ダラシンやアクアチム等)と併用して使用するのが一般的ですが、このベピオゲルは単体でこの2つの働きをするのが大きな違いです。抗菌剤には耐性菌が生まれることで、長い期間の使用はできないことがデメリットでしたが、この過酸化ベンゾイルには耐性菌が生まれないことも大きなメリットだと思います。

副作用としてはディフェリンと同じく肌の赤みやヒリヒリ、皮剥けなどがあります。加えて漂白作用があるため、髪や服につかないように気をつける必要があります。

口の周りや目の周りなど皮膚が薄い部分には使用を控えるようにしましょう。

 

使用方法はディフェリンゲルと同じです。紫外線に弱いので、使用するのは夜の寝る前のみです。洗顔、化粧水、保湿クリームの最後に炎症がおきてる部分に薄く延ばして使用します。

 

私は今のところ毎日ベピオゲルを塗っていますが、最近アゴのあたりの皮膚が皮剥けしたり、頬が赤らんでかゆみが出るようになりました。先生曰く、ダウンタイムなので乗り越えれば落ち着くということですが、あまりにかゆくて仕方ないときは使用せずに休みながら使用していこうと思います。でも、個人的にはディフェリンを使っていた頃の皮剥けに比べれば全然我慢できる範囲です。今使っているセラミド保湿クリームの保湿力が高いおかげかもしれませんが。

 

まだ新しい薬なので、使用者の口コミは少なく、副作用についても懸念するような意見もありますが、ディフェリンゲルがどうにも好きになれなかった私からしたら、治療の幅が広がってとても嬉しいです。

 

どこまで効果があるかどうかはまだわからないですが、良くなることを期待して経過を観察していこうと思います。