読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指せすっぴん美人 ニキビ撲滅プロジェクト

リアルタイムで経過を観察!一緒にすべすべ肌を手に入れましょう!

今まで通ってきた皮膚科 ~美馬皮膚科 編~

ここ3ヶ月前から再び荒れ始め、みるみる酷くなった肌をなんとかしたくて再び皮膚科に行くことを決意。

前に通っていた石井クリニックは、完治はしなかったものの先生は優しいし通うこと自体は苦痛もなかったので再来院しようかとも思ったのですが、ニキビ治療について評判の皮膚科を検索してみると、他にもたくさん病院の名前がヒットしました。

 

そんな中でよく名前を見る皮膚科に「美馬皮膚科」という所がありました。

「ニキビ治療といえば、知らない人はいないであろう」なんて一文が添えてあるコメントまであり、気になってきたので行ってみました。

 

ここもめちゃくちゃ混みます。

ネットで事前情報を見ていたので、平日の昼間に休みをとって行って来ました。

渋谷の小さな皮膚科なのですか、待合室も狭いのでエレベーターホールまで人が溢れています。

それでも回転が早いので思っているよりは待ちません。どんなに混んでても1時間くらいで順番は来るそうです。私も診察室に呼ばれたのは15分くらいでした。

 

診察室は思ったより広く、中には先生の他に看護師さんが5人程いて自分の前の患者さんが診療中。私の隣には次の患者さんがすでに待機。と、人数がたくさんいて全然落ち着かないです。先生は不自然なほど綺麗な肌をした無口なおじいさんでした。

私の顔を見るなり、開口一番「酷いね、滅茶苦茶だ。」とボソっと言われました。

そのまま一言「潰す」と言ったかと思うと看護師さんがサッと針?のような道具を持ってきて、先生は無言で手早く顔に穴を開けていきました。そして金属の棒のようなものを頬に当てて強く擦りだしました。これがめちゃくちゃ痛い。手馴れた手つきで一気に膿みを出され、作業が早いといえばそうですが、正直雑というか…いくらなんでももう少し優しくしてほしかったですね…

先生は無愛想だったものの、看護師さんは皆さんフランクで人当たりがいい人ばかりでした。むしろ友達のように接してきます。(それはそれで好き嫌いが分かれるかと思いますが)

顔のニキビを潰した後、薬を塗って絆創膏を貼り、顔の赤みを薄くする働きを促進させるという赤いライトを3分くらい当てて終了でした。潰した後はカサブタになるので絶対に剥がさないようにと注意を受けました。

保険内の処方のみなので、治療費はとても安かったです。これは通いやすい。

 

ちなみにこの皮膚科、診療までは大して時間かからないですがこの後の処方箋での待ち時間がめちゃくちゃ長いです。気をつけてください。

 

貰った飲み薬は

・漢方薬(十味敗毒湯)

・ミノマイシン(抗生物質)

・ハイボン錠

・ピドキサール錠

・トランサミンカプセル

・シナール配合錠

 

塗り薬は

・化膿止め

・オリジナルのニキビ用クリーム

・ダラシンローション

・アクアチムローション

・ディフェリンゲル

 

塗り薬には番号シールが貼ってあって、その順番通りに塗るように言われます。

ちなみにその順番は上記の箇条書きの順番です。

貰った薬はこの病院が一番多かったですね。

 

気づけばディフェリンゲル、家に3本ありました。